エスニック

日本の農業

日本で唯一自給できるのはお米くらいになっています。このお米の消費が先ほど見たようにかなり減少してきています。
これまでお米を作っていた田んぼにせっかくお米を育てても、食べる人がいないという状況になっています。
売る量が買う量を大幅に上回るとどうなりますか?
値段が下がりますね。値段が下がると農家は来年お米を作るのはやめよう・・という気持ちになってしまいます。生産するには、費用がかかり、それを下回るような値段であれば赤字になってしまうからです。
しかし、お米は日本人にとっては大切な主食です。主食の生産が不安定では困ります。お米の生産を安定させるため、価格を安定させるために、お米については食糧法という法律で国がお米の生産、流通、販売についての取り決めをしています。
生産については、どんな取り決めをしているか知っていますか?
−減反!
そう。皆さん教科書で小学校の時習ったと思いますが、生産調整といって減反政策をとっています。
日本では、昔はお米が足りなくて、もっと作れと一生懸命、お米のたくさん収穫できる品種や、北の寒いところでもとれる品種を作ったり、田んぼを新しく作ったりということをしてきました。生産の効率を上げるために、機械を使うようになり、生産する規模を大きくしたり・・という努力もしてきました。
ところが、日本人のご飯を食べる量がどんどん減ってしまいました。皆さんも、ご飯を食べているとはいっても、昔の人と比べるとほとんど、食べていません。
ご飯の代わりに、いろんな他のものを食べるようになってしまいました。それは、さっき見たようにお肉だったり、油だったりというものをお米の代わりに食べるようになりました。
これは、日本の農業に影響を与えているということは、今お話したとおり、減反ということにつながっています。減反ということは、本当は作りたいのに作れないということです。これによって日本の農家の数もぐーんと減ってしまいましたし、農地も減少していっています。

次へ


トップ アイコン
トップ


エスニック